超便利なスマホアプリ! Trust ウォレットの使い方! Ethereum の DApps やってみた!

Trust という Ethereum ウォレットを使って、スマホで DApps をやってみようと思います!
触ってみるとこのアプリすごいです…未来を感じます!

そして、開発の勢いがすごい!どんどん機能が追加されていきます!

そもそもDAppsとは?という話については、「DAppsとは? スマホを使った DApps (分散型アプリケーション)入門!」にて解説していますので、ぜひご覧ください。

2018/8/1 Binance が Trust wallet を買収!
なんと、世界最大級の仮想通貨取引所である Binance が Trust を買収しました!
今後の進化がますます楽しみです!

Trust Walletとは?

アプリはコチラでダウンロードできます。

このアプリ、ブログのタイトルの通りDAppsブラウザとしての機能を持っているのですが、ウォレットとしての機能もすごいんです!

秘密鍵を入れれば、どんどん管理するEthereumアドレスを追加できるし、MyEtherWalletや他のアプリで作った既存のEthereumアドレスの管理もできてしまうのです!
すべてEthereumのブロックチェーン上にあるからこそできることですね~

 

しかも、DAppsとしてDEX(分散型取引所)が使えてしまう!

DEX(分散型取引所)とは?
bitFlyer や Zaifなどの中央集権型の取引所に資産を預かってもらうことなく、自分のウォレットに仮想通貨を入れたまま取引が行える。取引後のトークンは自分のウォレットに入る。という今後の主流になるだろうと言われている取引所の形態です。
DEXについての詳細は「DEXとは? 主要な分散型取引所 DEX を比較してみた!【 0x / AirSwap / Kyber Network / Bancor 】」をご覧ください。

もはや、Ethereumブロックチェーン上で動いているものが全部自由にいじれてしまうのではないかと思える、将来が楽しみなアプリなのです!

そして、何よりCEOのViktorさんがすごく熱心に開発をしています!
日本のこともすごく気にかけてくれています。

彼の野望は現状のTrustでは終わっていません。
DAppsをブラウザ任せで実現している現状はまだまだ出来ていないことが多いと考えているようです。
既存のスマホアプリのレベルまでUI/UXを向上させようと日々努力をしているところです。
これは期待しちゃいますね!!

2018年7月21日に私がイベントでTrustについて登壇した資料は、以下の記事でまとめていますので是非ご覧ください。

Web3.0の入口となる Trust Wallet について

2018.07.24

Trust Walletの使い方

簡単に使い方を見ていきましょう。

ウォレットの作成

まずは、コチラでアプリをダウンロードしましょう。

すでにMetaMaskなどを利用している方は
すでに他のウォレットを利用している方はインポートしてそのままTrustを利用することが可能です。
「MetaMask から Trust への移行方法!DAppsをスマホでやってみよう!」を参考にしてみてください。

MetaMask から Trust への移行方法!DAppsをスマホでやってみよう!

2018.03.30

起動するとウォレットの作成が始まります。「ウォレットの作成」を選択しましょう。

次は、ウォレットのバックアップです。アプリを消してしまったり、スマホを無くしてしまったりした時に復元するためのバックアップフレーズをメモします。必ずメモして、秘密にして、絶対に無くさないように!!!
メモしたら「次へ」を選択します。

 

次にバックアップフレーズの確認があります。
メモした通りの順番でバックアップフレーズをタップして確認しましょう。終わったら次に進みます。

 

これでウォレットの作成は完了です!

超簡単!DAppsをやってみる

ウォレットの作成が完了したら、ブラウザを選択しましょう。

DAppsのブラウザが開き、DAppsの一覧が出てきました!
有名なCryptokittiesもあるので選択してみましょう。

無事に作成したウォレットのアドレスが反映され、Cryptokittiesを開始することができました!

注意
iOS版はAppleの規制により一覧上からGameが消えてしまいました。
URLを直接打ち込めば使えます!その際、ブックマークを使用すると便利です。

ブックマークの使用方法は「Apple の規制に負けない!Trust のブックマーク機能の使い方!」をご覧ください。

 

なんて簡単なんでしょうか!!!すごい!!

その他、Trust の DApps 一覧に記載されたアプリは「Trust DApps 一覧」にまとめています。
(iOS 版ではアップルの規制によりアプリで表示できる一覧は削られているので、この一覧で完全版をご確認ください)

もちろん、作成したウォレットにETHを入金しないとゲームを遊ぶことはできないのでご注意ください

ETHは日本の取引所で購入できます。おすすめの仮想通貨取引所は「仮想通貨取引所の選び方!おすすめ 取引所 ランキング!」にてご紹介していますので、まだ取引所登録していない人はまず登録しましょう。

ETHを入金する

DAppsを使うためには手数料としてETHが必要です。TrustへETHを入金しましょう。

取引所で購入したETHであれば、取引所の出金メニューから、送金先を入力して送金ができるはずです。
その際の送金先として準備したアカウント(ウォレット)のアドレスを指定しましょう。

「ウォレット」タブで受信したいトークン(今回はETH)を選択し、「受信する」と選択すればアドレスを表示できます。
「ウォレットのアドレスをコピーする」でアドレスのコピーもできますので入力ミスを防ぐためにも使用しましょう。

 

送金が完了したら、ウォレットの残高に反映されるはずです!

Kyber Network の KyberSwap で取引してみる

では、分散型取引所である、Kyber NetworkのKyberSwapを触ってみましょう。
DAppsの一覧からKyber Networkを選択します。

おおお!できました!きちんと先ほど作成したウォレットが反映されていますね!

これで自由にトークンの交換ができます。交換後の通貨もTrustウォレットに保存されるってわけです。

それにしても簡単にできてしまいますね…すごい!

Kyber Network (KyberSwap) の使い方詳細は、「最も簡単な DEX (分散型取引所)! Kyber Network ( KyberSwap )の使い方!」にてご紹介していますのでご覧ください。

 

既存のEthereumアドレスを管理してみる

では、既存のEthereumアドレスをTrustウォレットで見てみます!

画面下部のメニューから、設定タブでウォレットを選択しましょう。

今のところ、最初に作成したメインウォレットのみですね。右上の+ボタンを押してみましょう。

 

 

最初にアプリを起動したときの画面になりました!ここでウォレットの作成を選ぶとまた新しいマルチコインウォレットを追加できちゃうのですが、ここでは「ウォレットのインポート」を選んでみましょう

 

次に、ウォレットのネットワークの選択画面が表示されます。
今回はETHのアドレスを追加するのでEthereumウォレットを選択しましょう。

 

秘密鍵を入力する画面になりました。
ここで、ウォレット作成時にバックアップしたフレーズや秘密鍵を直接入力することでウォレットを追加できます。

今回は、秘密鍵を入力せずに、既存のアドレスを閲覧するだけの登録をしてみましょう。
一番右の「アドレス」を選択します。

 

Ethereumのアドレスを入力する欄があるので、入力しましょう。コピペも、QRコードスキャンでも対応できます。
入力したら、「インポート」を選択しましょう。

 

これで無事に一覧に追加されました!
アドレスの右側に眼鏡マークがありますが、これは閲覧専用という意味です。

新しく追加されたアドレスを選択してウォレットを切り替えれば既存のアドレスに入っているトークンを見ることができちゃいます!

この調子で既存のEthereumアドレスを全部入れてしまえば、お手軽簡単にTrustだけで集中管理できちゃいます!便利!!

MetaMaskからのインポート方法は「MetaMask から Trust への移行方法!DAppsをスマホでやってみよう!」を参考にしてみてください。

MetaMask から Trust への移行方法!DAppsをスマホでやってみよう!

2018.03.30

その他 Trust の便利な使い方

私のTwitterでもTrustに関する最新情報をお届けしています!
過去にご紹介した便利なTrustの使い方を掲載しておきます。

マルチコインウォレット

Trustで最初に作成するウォレットはマルチコインウォレットになります。
これにより、一つのニーモニックフレーズで複数のアドレスを管理できます。

詳細は「Trust wallet が大幅アップデート! マルチコインウォレットの使い方!」をご覧ください。

トランザクションのキャンセル方法

頻繁にお問合せをいただくトラブルとして、トランザクションが保留中になってしまい、なかなか承認されないという事象があります。

トランザクションのキャンセル方法は「Trust で保留中のトランザクションをキャンセルする方法」でご紹介していますのでご覧ください。

マーケット機能

Trust のトークン一覧から簡単にマーケットの情報にアクセスできるようになりました!
トークンを選択して右上のアイコンを選択すれば価格推移のグラフなどを確認できます。

ディープリンク

Trustでディープリンクが作成できるようになりました!
ブラウザの右上のメニューから「シェアする」を選択するとリンクが作成できます!

POA Bridge UI

TrustのDApps一覧に追加されたPOA Bridge UIによってPOAネットワークとETHネットワークでPOAのやり取りができます!

ブックマーク


アップルの規制により、各種ウォレットのDApps一覧からゲームが一斉に消えてしまうという事件が起こりました。(iOS版のみ)
ただ、今のところ規制は一覧からの削除にとどまっているので、URL入力+ブックマーク機能で乗り切ることが可能です!

ブックマークの使用方法は「Apple の規制に負けない!Trust のブックマーク機能の使い方!」をご覧ください。

Token MultiSender

JSONやCSVの形式でアドレスと数量を指定することで、複数の相手に効率的にトークンを送ることができる Token MultiSender が一覧に追加されました。175回のトークン転送毎にトランザクションが発行されます。

Trust Platform

 

2018/7/2追記
Trust Platform のICOは中止になりました。
公式の周知は「Trust Platform Announcement #3 — Token Sale Canceled」をご覧ください。

背景としては法律等の課題があげられます。
Trust Wallet はさらなる進化を遂げるべく開発が続いていきます。
Trust Platform の一部であった SDK や API は開発が続きます。(もちろん既存のウォレットやブラウザも含めて)
また、大きなポイントとしてBitcoin、EOS、NEOといった他のブロックチェーンのサポートも予定しています。

今後に期待ですね!

2018年6月、Trust のロードマップとして、Trust Platform が発表されました。

DApps開発者向けの開発キットを提供する等、まさにプラットフォームとしてのTrustが展開されます。
また、独自のトークン(TST)を使用し、DAppsマーケットプレイスでの評価や異なるプロトコルにまたがった取引も実現します。

他のウォレットアプリから一歩も二歩も先に進んでいることが分かりますね。

分散した世界のiOSやAndroidみたいな位置づけになるのではと妄想もしてしまいます。
期待大です!!

Trust Platform の詳細は「Trust Platform で実現される DApps エコシステム【TST トークン】」をご覧ください。

Kyber Network リブランディングイベントにて重大発表!

6月8日のKyber Networkリブランディングイベントにて、Trust Platform に使用されるトークンが Kyber Network を使用して ICO が行われることが発表されました!

トークンは TST と言うそうです。
ICOは、Kyber Network 2.0 の目玉の一つでもある KyberGO というICOを中継する仕組みで実施されます。これにより、Kyber Networkで扱われている任意のトークンでICOに参加することが出来るのです。

イベントの発表スライドはコチラをご覧ください。

さいごに

Trustどうだったでしょうか。

最近はTrustの知名度が非常に上がっており、界隈でも常識的な存在になっています。
皆様もぜひご利用ください。

実はわたくし、Trust wallet 日本 Telegram グループで admin もやらせていただいています。
お気軽にご参加ください!質問もどうぞ!
Trust wallet 日本 Telegram グループ:http://t.me/trustwallet_jp

 

Twitter でマキオをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

日本最大級の金融系WEBシステムのエンジニアをやりながらブロックチェーン技術を研究中。 DApps×スマホの未来に期待し、スマホ中心に記事を展開しています。 Binance に買収されたことで一躍有名になった Trust Wallet の日本Telegramグループのadminをやっています。